読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本語ラップ2017

日本語ラップの最新情報、過去の日本語ラップの歴史について、このサイトを見れば日本語ラップの大体はわかる??

今後、どうなるMCバトル

MCバトル

f:id:tony310421061:20160502224523j:plain

フリースタイルラー

今はラッパーがフリースタイルできるのが当たり前の時代になりつつあるが、昔から比べるとフリースタイルやMCバトルは凄い進化している。
若い中高生もサイファーで自分のスキルを磨き、タイトルを取ろうと日々切磋琢磨している時代だ。
ラッパーというより、フリースタイラーと言うべきか、とにかくラップが簡単に出来てしまうのは凄い時代??なのだろうか。
それは先駆者があってこその今のMCバトル、フリースタイルであって、先人達の苦労を考えると先人達をリスペクトせずにはいられない。
それはMCバトル、フリースタイルだけではなく、ラップもそうである。

フリスタイルダンジョン

B Boy parkから始まり、現在はフリースタイルダンジョンが人気を博している。
歴史は古いようで古くないが、日本語で即興のラップをするフリースタイルが確立はしてきた。
曲作りをし、デビューするというより、MCバトルで有名になった方がラッパーとして近道であることは今も昔も変わらないであろう。

真剣勝

私が思うMCバトルの面白みというのは、ラッパーがマイク一本でラップをし、相手のラッパーを倒す姿である。今までのキャリアなどはバトルのステージに上がれば皆平等になってしまう。もちろん知名度の違いはあるが。
しかし、キャリアとキャリアのぶつかり合いはもちろんあるだろうし、そんな試合が私はもっと観たい。
バトルに負ければ今まで積み上げてきた物も全て失いかねない。ベテランであればある程リスクは高くなるのではないか。
今後のMCバトル
今後のMCバトルの展開として、音源がないフリースタイラーが更に増え、世代交代も頻繁になると予想する。今、フリースタイダンジョ高校生ラップ選権で活躍しているラッパーがあと数年後にどれ位の人数が残っているだろうか。ラップで飯を食べていくのは非常に難しい。そんな厳し現実ではあるが、今活躍しているラッパーには次の世代へ繋がるよう、頑張ってもらいたい。
 
日本語ラップ